ウィクロス、WSメインにまったりとTCG。 アニメよりもドラマ好き。実写化、てめーはダメだ。  コメント等お待ちしております!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新年明けてました、ごめんなさい 

新年明けてました。寝正月のし過ぎでブログサボってました。

ほら、あれですよ。相棒の夢見たとかそんな記事なんて、誰も得しないでしょう?

すみませんでした・・・。

VGは中々面白い環境になってきましたからね。今年もがんばっていきますよ~。

あ、後ガンダムブレイカーとかいうゲームをやってます。ガンダムMk-2が大好きなんで、胴体、足、腕をMk2カラー(白)のバンシィ、頭と盾をMk-2にしたNT-D発動できるMk-2を愛機にがんばってます!

カラーリングをそれっぽくすると全く違和感が無いのが面白いです。


それはそうと、新年初となる大会が有ったので参加してきました。チームと個人戦の2種類有りましたが、今回はチームのみ参加です。

参加チームは5チーム?で、よくわかんないんですがうちらのブロックは2回戦までしか無かったです。
うーん、夏はもっと集まってたんだけど・・・。やっぱ時期が悪いかな。忙しいもんなぁ。

1位は2BOX、2位は1BOX、3位はプレマと中々の景品です。参加者の割りに豪華だなぁ。

色々と弄ったノヴァのビクトライザーデッキを使いましたよ。




1回戦: VSノヴァ × ○ ○

ミラーですな。相手は時空ノヴァ単っぽかったです。普通にビクトール軸も強いから注意が必要ですね。
1回戦目は初手G0が4枚からスタート。勿論G3で事故して巻き返せず負け。ライザーが捲れていればまだ違ったんですが、よりによって11kバニラのビクトールでした。

2戦目は今度はG2が引けずにGアシスト。
そうしたら相手側もG3無かったみたいで、Gアシスト。お相手先攻だったし、無理にアシスト使わないで次のターンまで様子見てアシスト使った方が、こっちの動きも止められて良かったと思うんだけどなぁ・・・。
ビクトプラズマ使われて大変でしたが、返しでプラズマ+サザンダースタンドで押し切って勝ち。

3戦目は手札も良く、ダブクリ警戒しながらネコ投げて勝ちです。インチキ臭いですよねぇ・・・ネコ。



2回戦 VSオラクル ○ ○

お相手、ツクヨミ型のオラクルでした。掘るスピードが尋常じゃないんで、速攻気味に動くことに。
序盤の☆も相まってツクヨミゾーンまで掘られる前に決着。

2戦目も同じようにゲームを運んで、ビクトプラズマ打った次のターンでネコライザー決めてました。
まわると強いなこれ・・・。



と、いう事でチーム優勝です。2回戦突破しただけで1位賞品とな・・・。うーん、お店に何か申し訳ないが・・・。
在庫処理とかも兼ねてるっぽいんでまぁ気にする事は無いのかな。

時空超越と煉獄焔舞でした。時空はあんまり良い箱じゃありませんでしたが、煉獄からはボーテLRが。かげろう使ってたチームメイトがもっていきました。

あの、僕もがんばったんだけど。ワールウィンドだけでもくれませんかねぇ?

代わりに貰い手の無いイマブレとゾディアック貰ってきました。イマブレはフォトン集めがだるいので、ゾディメインで使うのはアリかもしんないですね。超越環境とはいえ、終盤でのレギオンのトリガー戻しは欲しい所ですから。近いうちにLJ追加するっぽいんで、あっためておきましょうかね。


ノヴァ使った感想ですが、ネコが減ってしまいましたがビクトプラズマというスタンド能力持ちが増えたので、Vスタンドは安定してできますね。ネコはバグレベルで強いですが、サザンダーとホワイトハンクのRでの強い動きが可能なので、Rで仕事を出来る分従来のライザーより無駄が無い気がします。気になるところといえば、Uライザーに乗った場合と、ビクトールに乗った場合でのCB消費量の違いでしょうか。ピンでドグー・メカニックを入れていますが、この辺が調整必要なところですね。

ライザー乗り前提ならCBあんまり考えることは無いので、新完ガじゃなくても良いんですが・・・。寧ろ、オバXやもうすぐ追加の来るディメポ対策に旧完ガもありだと思うんですけどね。

とまぁ、焼きメインのクラン相手だと苦戦必至(特にかげろう。勝てる気がしない)なので、当たる確率が単純に1/3なトリオ戦向きかもしれませんね。まわったときの理不尽の暴力でひき殺す。そんな位置づけじゃないかなと。

ビクトールの超越連打の堅実さも好きだし、十分強いんですけどね。


案外安く組めるデッキなので、実は超お勧めだったりする。ビクトプラズマが高いくらいだけど1セットもあれば十分かと。
2回打つ機会なんてほぼありませんからね。ビクトールもワンコイン以下だしなぁ・・・。
スポンサーサイト
[ 2015/01/04 20:24 ] 大会結果 | TB(0) | CM(2)

大会ですよ、右京さん! 

何週間ぶりかくらいに行ってきましたよ。勿論目当てはクリティカルトリガー。

欲しい!っていつもの常連さんに言ったら、「当たったらあげるね。」とあっさり頂ける事に。思えばぬばたま使ってるの、俺くらいしかいないんだった・・・。これはラッキーか?

使用デッキは「たちかぜ」。安い!強い!カッコいい!3拍子揃った1弾から居るいぶし銀。大人の遊び方を体現しているかのようなイケメンデッキ。

ティラノブレイズがただの7000バニラだなぁって気づいて、ガトリングアロとかに差し替えた・・・と思ってたらまさかのブレイズさん続投であった。あかん・・・弄ってないじゃん・・・。

3週間のブランクで色々と自信の無い俺。果たしてどうなる・・・!?




1回戦目:VSシング ×
oh....復帰早々シングですかそうですか。しかも、お相手は最近ショップによく来るようになったガチな方じゃないか。あかん・・・。
たちかぜのクラン特性「初見殺し」でちょっと押してるか?って思ったらシングで☆引かれて沈没。

ドロートリガーでヒール引いてしまったとき、何か察しましたわぁ・・・。完ガかQW持ってれば何とかなった試合でしたかね。お相手ハンドギリギリだったし。

2回戦目:VSシング ○
ロイパラのあいつ。相手ライド事故してました。試合後わんわん喚いてましたが、Gユニット登場を待て。としか言いようが無い。

3回戦目:VS煉獄 ○
後攻2ターン目からの速攻で☆、3ライド時の☆であっさり勝利。手札を見せてもらったら、G3が2枚とG2が3枚でした。
手札の揃ってない序盤でダメージを押し捲るのも、たちかぜの基本戦術ですな!

4回戦目:VSリヴィ ×
11k 16k 9k ラインしか始終出ていないと言う圧倒的戦力不足で、どう戦えって言うんじゃ・・・。
BRユニットのまま不動って悲惨だなぁ・・・。ベビープテラの方がいいのかしら?
余談ですが、ブツブツと独り言を言っていて少し怖い人でしたねぇ・・・。


結果、2勝2敗でしたが、対戦カード見るに妥当な戦績なんじゃないかなぁ・・・。
序盤の速攻とか、ラインが安定するベビーレックスは優秀。



1回戦目のシングは仕方ない状況だったとはいえ、4回戦目のリヴィ戦は色々と考えさせられる試合でしたね。
連携デッキに先攻を取られた場合のライン調整とか、色々。かといって、非名称のG1バニラなんて入れる枠ありませんからね。目くじら立てる部分じゃないんですけど。2ターンくらい10k1枚で凌がれたのが厳しかったかな。ベビー裏は結構厳しいですね。

ジオコンダちょっと積みすぎてる感もありましたので、色々と調整してやろうかな。

ちなみに、スリーブは「イマジナリープレーン」を使っていたりするんですが、ちゃんとLJ要素入ってますんで、厳密にはスリーブ詐欺じゃないんですねぇ。

たちかぜの、QWの名前はなんでしたかな。

「古代竜 ロックマイン」

何にも間違えてない。

LJ=面倒くさい、呪縛嫌だ。 とかいう負の感情を煽って、「あ、なんだぁたちかぜか。」って余裕させる作戦ですよ。
ちなみに、我がぬばたま忍軍のスリーブはカオブレさん。理由は全く同じ。

でもでも、イマジナリーもカオブレもカッコいいですよね。使わないですけども。

あ、ジオコンダって実はクラン指定無い様で、エクストリーム扱いでならLJに出張できる様ですよ。知り合いにやられてうわぁってなりました。文句言ってやろうと思ってスケジュール見たら、ちゃんとエクストリームファイトでした。

皆さんもゲリラジオコンダに気をつけてくださいね。エクストリームだとジオコンダ入りLJがもしかしたら侵略を開始するかも知れませんよ。
[ 2014/10/05 23:10 ] 大会結果 | TB(0) | CM(2)

VG大会黙示録 -その男、卑劣極まれり。- 

行きつけのお店が2件ほどあるんですけど、非公認店のほうの大会に行ってまいりました。

トリオ戦とシングル戦が有り、優勝商品はそれぞれ3BOXと1BOX。準優勝景品とか合わせると7箱くらいの超奮発されていた大会でした。どう考えても赤字だろこれ・・・。

それぞれ、500円分購入のレシート(新品パックのみ)を用意しなきゃならないんで、7パック買って1000円ちょっとで済ませました。

ジェネシスEBをユグドラ狙いで購入。結果は…
ミント1 ヘメラ1

ま、まぁ・・・RRR引いたしいいか・・・。


ちなみに、トリオ戦のルールはと言うと、卓の都合上で先鋒中堅大将で分かれて1試合ずつ行う形式。

俺は大将でしたので、このルールだと基本暇になります。たちっぱの為足と腰との勝負です。

1回戦目: ○ ○
おう、お前らご苦労だったな。勝ちが決まったら大将戦はやらないみたいだな、具合悪かったから丁度良かったぜ。

2回戦目: ○ ○
お、おう・・・ご苦労。

3回戦目: ○ ○
あ、あれ?俺の出番・・・

4回戦目? ○ ○
試合に出ていないので何戦有ったか覚えてないという・・・


と言うことで、俺抜きで決勝まで来てしまったわけだが・・・。

ちなみに、デッキは事前申告ではなく、最初に使ったデッキを原則使い続けるルール。
と、言う事は・・・。

現状、決勝戦にて初試合と言う事になるので、この時点で使うデッキを決めるわけですな。

しかも、全試合を観戦することを強いられていた為、相手側の大将、つまり対戦相手のデッキが分かるんですな。


なんやこれ・・・クッソ有利やん・・・。ガバガバなルールの抜け穴やなこれ。

対戦相手はゴルパラ。新作かげろうで出ようと思ったけど、フリーの戦績がクソみたいな成績だったのでシャドパラに。

安いコストで展開されるのをチマチマ焼くよりかは、ファンブラで一気に攻める方が理にかなってますかな。厄介なブルーノも、ブラビスで簡単に焼けますぞ。

???「TCG対戦において、相手のデッキに有利に戦えるようにメタカードを入れるのは定石でおじゃる」


かなり卑劣で、「本日初試合の男」とか色々ネタにされてましたが、最終的に優勝を賭けた熱い試合になりましたよ。


結果、見事優勝・・・!!

を逃しまして。相手のデッキを見てデッキ選んだくせに負けてしまいました。いやぁかたじけない。

しかし2箱は確定していたので、気楽な決勝でした。

プレイミスとかも特に無かったし、やりたい事をやり尽くしたのでとても良い試合でしたよ。
こんな試合、中々ありませんからね。ギャラリーとかも集まって凄く盛り上がってました。

日常的にこんなファイトが出来れば面白いのに、と思う反面、とても疲れそうだなとも思います。

ヴァンガードって、泥沼状態の駆け引きが一番面白いですよね。即死級のスキルが蔓延ってる中、中々こういった試合運びになる事は難しいのですけど。

よく、「ヴァンガードは運ゲー」と称されますが、それを乗り越えた試合になると凄く楽しいと思うんです。

また、おかげさまで色んな試合を観戦する事が出来ましたが、見たところかなり良い環境になって来てますね。
17弾の強化が良い感じにクランの強さを均一化しているなぁって感じます。

特にびっくりしたのがたちかぜ。女性が使っていたということもあり、かなり意表を点かれたのもあります。

前の封竜解放のときも同じことを思いましたが、地味ながらも良い強化を貰ってるクランですね。チームメイトのシングアビスと接戦をしているところを見るに、結構ポテンシャル高いようです。

ルインシェイドや完ガが高いグランブルーと違って、たちかぜは本当に安価で組めますから、「安い、強い」を地で行くとても貴重なクランですね。

ええなぁ、たちかぜ。

しかし、たちかぜを選ぶとは中々に渋い趣味の女性でした。プレイングも素晴らしかったので、好きで使っているんでしょうね。かげろうとかロイパラとかシャドパラが人気のイメージでしたけど、イザキストの女性が居た事に驚きを隠せません。

時代は森川×井崎と言う事か・・・。


さて、シングル戦の結果は見事に1没。もう、どーでもええわ感が・・・。というのも、4時にトリオ始って、終わったのが10時過ぎとかでしたから。そしてその5時間くらい、俺は何もしてませんでしたから。

トリオ賞品の2箱から、ピノ・ノワールのSPが出たので貰いました。

また、シングル終わった後にとある方とフリーを1戦しまして。
人当たりの良い感じで、プレイングも上手い方で、熱い試合が出来るので、よく時間が有ればファイトをして頂いているのです。

急ぎの用が出来たみたいで、ちょっと罰が悪くなり「時間取らせてすみません」と謝ったのですが・・・。

「いえいえ、そんなこと無いです!また時間が有ればやりましょう!○○さん(俺の名前)と対戦するの、楽しいので!」

と、こう言われたのです。


うわ、凄く嬉しいですね!こういうこと言われると。
自分自身、ちょっと不利になると口数減ったり少し態度に出てしまいがちで、意識して直そうとはしているのですが・・・。

こんな風に言っていただけると凄く嬉しいですね。

こういうことを素直に言うのって意外と出来ないものです。思っていても口には中々出せないものですよね。

「相手を察する思いやり」が信条の日本人の悪い所だとは思うのですが・・・。

何気ない一言だったかもしれませんが、とても嬉しかったです。こんな大人になりたいものです。


貴重なモチベーションも頂きましたので、たちかぜとグランブルーとかげろうの製作に早く取り掛かりますか。
かげろうはとりあえずの形でしたが、このデッキじゃとてもじゃないですが勝てませんでしたので、調整を重ねる必要がありますね。

グランブルーやたちかぜはなんとなく型が思いつくんですが、かげろうは色んなパーツが有りすぎるので形が見えません。

考えなしの急場しのぎでは、ボーテックスは使いこなせないようです。インパクトは確かに強いけど、難しいですねこれ。

連休ですが、意外と人とのスケジュールが合いません。誰か対戦付き合ってくれないものか・・・。


長くなってよく分からない記事になりましたね。

フリーファイトって、気軽に行えて、何も賞品とか掛かってるわけじゃなく、変な話緊迫感とか無いですけど、だからと言って適当にやっていい訳じゃなく、「事故ったけどフリーだから良いか」とか、「今のは明らかにミスだけどフリーだし良いか」みたいにどうでもいい気持ちでやっちゃいけないって事ですね。

「対戦相手の貴重な時間を借りてる」って事を、意識しないとやっぱり相手に失礼です。

やっぱり、やるからにはじっくりと丁寧にプレイングしたりするべきなんだなぁって感じます。それこそ、フリーなんだから多少のミスは巻き戻してもらう事だって出来ますからね。(勿論相手と要相談ですけど。

そこにはカジュアルプレイヤーやガチプレイヤーの違いは無いと思うんです。1回1回のファイトを丁寧にこなす事で、相手に感謝の意を示すと共に、プレイングも上達する、と思うんです。

勿論、フリーファイトなんだから気軽にやって然るべきなんですけどね。

最後のフリーファイト。確かに短い試合でしたが、熱い駆け引きがある良い試合でした。
それと同時に、大切なものに気づいた気がします。

大げさだと思うかもしれませんけど、とても嬉しくて衝撃的でしたよ。

個人的感想ですが、確実に面白い環境になってきていると思います。確かに、16弾時点では引退も真面目に考えるほどでしたが・・・。

しかし、それと同時に、やっぱりレギオンセットだけを追加する、というだけの強化方法では、やはり足りない。
強化はあるに越した事は無いですが、流通量やカードプールの都合、やはりブースターで収録されて始めて、という感じがします。

面白い環境と、楽しいプレイヤー。この2つがあればどんどん面白くなっていくのかなって思います。


本当によく分からない記事だ・・・。

それと、二度とトリオで大将はやんねーぞ・・・。謎形式だったのもあったけど。
[ 2014/08/11 02:07 ] 大会結果 | TB(0) | CM(2)

久々の優勝 

と言うことで、久々に優勝を収める事が出来ました。

使用デッキは銃士。

大会直前に「エルヴィーラ」を3枚、300円で譲ってもらったので早速投入。

碌な調整すらもしないまま出場しましたが、中々良い動きをしてたと思います。


長いので続きからどうぞ。


[ 2014/04/29 01:00 ] 大会結果 | TB(0) | CM(3)

リンクジョーカーェ・・・ 

と、言うことで遅れましたが日曜日の大会、LJで出てまいりましたので結果を。

というか、LJ初参戦だったりします。12弾時点で作っていましたが、ペイルとシャドパをメインに使ってたので影が薄かった。なので「お前持ってたんかい!!!」って思われた方も居るかも。


1回戦目:VS アクフォ(トランステトラ軸) ○
序盤から速攻されたり☆引かれたりでかなり苦戦。対してこちらはインゼロライド。
ダメージ差開きすぎた為、V殴りの選択肢しか無く、仕方なく4点目を与えてしまうも次のターンテトラにBRされピンチ。しかし、インゼロからカオブレ決めたので一気に形勢逆転。危なかったですが勝ち。

2回戦目:VS かげろう(ドントレジエンド軸) ○
トリガー引かれまくって大変な試合でした。ドントレ決めたターンにRオバロ起動、更にトリガーが2枚乗ってしまいRオバロ列が34kという化け物に。手札全切りで何とかガードしましたが、LBですぐさま手札補充。
序盤トリガー不調もあってか、5点ノーガードからの☆2つで勝ち。危うかったぜ・・・。

3回戦目:VS シャドパラ ○
ショップ名物のロイパラ使い。キチで有名です。危なげも無く勝てました。

4回戦目:VS グレネイ(Яレオパ軸) ○
スタンプラッコをV裏に置かれ、LBで退却できない状態に。しかし、LBで1ドローは出来ますのでそれほど問題ではなかった、という印象です。寧ろV裏を毎ターン呪縛できるので、こちらに有利であると思います。
あまりよく回っていなかったようで、特に危なげなく勝つことが出来ました。


と、いうわけで優勝です。

参加者にLJ使いが居なく、非常に肩身が狭い思いでした。ううーむ。

さて、ここで一つ愚痴らせて貰いたい。

ヘイト集まるのは分かるんですが、「LJだったらもうサレンダーですね。」とか言うのはどうなんでしょうか。
実際、危なかった試合が2試合ほどありますし、そもそもどのユニットを呪縛するかでゲーム運びが大幅に変わってしまうんですよ。

前列を呪縛してLBで退却させて1ドローすれば勝てる、そういうデッキじゃない。っていうのが使ってみた感想なんですよ。まぁ、効果自体派手ですし、そう思い込むのも仕方ないです。

場合によっては裏を縛らなきゃならない事だってあるし、前列を残さなきゃならない場合だって有るんです。LBをバカスカ撃ってりゃガス欠だってするし、殴り返しが怖いしで思考停止して勝てるようなデッキじゃないんです。

実際のところ、相性が悪いといわれるアクアフォースだって結構厳しいものが有りました。俺が未熟なだけっていうのもありますけど。基本、呪縛が猛威を振るうのってLB後なんですよ。それも相手の場が完成されていなければ呪縛のうまみも薄い。つまり、序盤の速攻がかなり利いて来るんですよね。ましてや、カオブレで最速呪縛でもしない限り明確な「返し札」は存在しませんし。

そういう場面を何回も経験しているはずなのに「こんなの勝てないよ!」とか、勝ったら勝ったで「何か気づいたら勝てたわ。」みたいに、どうして勝てたのか、どうして負けたのか。分析を全く持ってしてない方が多いような気がするんですよ。

諦めるのは大いに結構ですし、知ったことじゃないんですが、それをあたかも「使ってる奴が悪い。」みたいな言い回しをしてくるのはどうかと思うんですよねぇ。

確かに、開発側に関しては個人的にも「何でこんなカード作ったんだよ・・・。」と思うことはありますよ。しかし、この場合壊れカードを作った開発側が本来叩かれるべきであって、使用者が叩かれる謂れって無いでしょ。

出ているカードを使って何が悪いんだ、っていう話です。実際常勝するようなぶっ壊れデッキでもない、ただ「勝ちやすい」「負けにくい」デッキでしょう。どんなデッキにだって弱点は必ずあるんです。ただ、それが目立つところにあるか、無いかの差です。

VGはゲームの性質上、「どんなデッキでも勝ちを拾いやすいカードゲーム」です。ま、運だけで勝てるほど甘いゲームじゃないですし、運任せな部分がある分、不確定要素を考慮したうえでの非常に高度な読み、プレイングが必要とされてくるんですが。

要するに、「トリガー」という不確定ながらも平等に配られている「勝ち筋」がどのデッキにも必ず存在しているわけで、その「勝ち筋」に甘んじて、対策等あまり意識なさってない方も多いんじゃないかな?と個人的には思います。かく言う自分も、LJでてから本格的に対策について考えるようになりましたが・・・。

よって、こんな感じである意味では、良い壊れ方をしているんだと思います。対策の重要さ認識させてくれるという点では、劇薬ではありますが中々に良い薬なんじゃないかと思います。

VG自体、対策がしづらいカードゲームですので、明確な対策というよりは、対戦回数を重ねて「お?何かいけそうだな!」って感じたときの状況とかをよく分析すること。これが大事なんじゃないかなって思います。

対戦相手に「心が折れましたわ・・・。」って言われましたが、折ったのは俺じゃないでしょ?自分だろって。

なんだか凄く嫌な気分の大会でした・・・。半ば愚痴みたいな記事になってしまって申し訳ありません。
[ 2013/09/26 00:14 ] 大会結果 | TB(0) | CM(5)
カウンター
プロフィール

犬神

Author:犬神
使用デッキ
WS:ラブライブ!
ラブライブ!サンシャイン

VG:グランブルー
ペイルムーン
グレートネイチャー
ダークイレギュラーズ

艦これ、始めました。

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。