ウィクロス、WSメインにまったりとTCG。 アニメよりもドラマ好き。実写化、てめーはダメだ。  コメント等お待ちしております!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

まどマギ黄赤 

先日、たーさんよりまどマギ黄赤の近況についての質問を頂きましたので、折角なのでちゃんとした記事にしようかと思います。

コメント有難う御座います!こんな支離滅裂なブログなのに、見ていただけて大変嬉しく思います。

ちょっと長くなってしまいますが、参考になれば幸いです。

以前の記事と現在のレシピは若干変わってますので、色々と周囲からのアドバイスを受けてネタ成分が限りなく削られてしまったレシピも載せたいと思います。

【コンセプト】

まずコンセプトですが、黄色と赤は特別相性が良い。というわけではないです。
寧ろ青赤の方がシナジーもはっきりしていますし、コンセプトとしての混色は、正直黄赤よりも強いと思われます。

じゃあ何故黄赤混色なのか、と良いますと扉トリガーと単体でかなりのスペックを誇るレベル3杏子の存在に他なりません。
というか、ヴァイスは赤を入れると安定するというか、そんな風潮があると思いますので(完全なる偏見ですが)「とりあえず赤入れとけ」みたいな、そんなノリだったんじゃないでしょうか(適当で申し訳ないですorz


【そもそも黄色の特色って】

なんなんだ?と聞かれると、普通のタイトルならばソウルビートだとか、自ターン強いとかの特徴があるわけなんですが、まどマギの黄色に至っては少々異色です。

赤青が高パワー+戦線維持のビートダウン特化とするならば黄色は助太刀封じ、アンコール封じ兼除去といった風に若干メタデッキ系の気質があるように思います。中でも銀銃は大会でも大活躍したそうなので、レベル3早だしを躊躇させる、といった戦術も使えそうです。

レベル3メタの銀銃、低コストで最大+5000のカウンターEVのグリーフシード等、有名すぎるカードが存在しますので、特に後者に至ってはブラフを非常に張りやすい。しつこく相手のパワーを確認することで、宿命マミへのフロントアタックを躊躇させるといった非常に嫌らしいプレイングも出来るのではないでしょうか。

マミさんの代名詞ともいえるティロ・フィナーレですが、実を言うと撃つタイミングがかなり難しい。どうしようもないくらい高サイズのキャラが出てきたときの奥の手、といった意味合いが強いです。とはいえ、うまく使えば相手の前列はガタガタですので使いどころを見極めてぶっぱしたいところです。


【レシピ】

実を言いますと、今現在のデッキも調整予定でしたので、この際に調整予定のレシピでも上げて見ようかと。


レベル3

 巴 マミ ×4

 佐倉 杏子 ×2

レベル2

 宿命を背負うマミ ×3
 銀の魔銃 マミ ×2
 グリーフシード ×3

 路地裏の杏子 ×2 

レベル1

 パジャマのマミ ×4
 生きる為の願い マミ ×3

 好戦的 杏子 ×3

レベル0

 先輩魔法少女 マミ ×2
 契約を迫るキュゥべぇ ×3

 地下鉄のホームでの別れ 杏子 ×2
 サポート役 キュゥべぇ ×3

 見守るほむら ×2
 ワルプルギスの夜に挑むまどか ×3

 マミへの憧れ さやか ×3

CX

 ティロ・フィナーレ ×4

 さやか VS 杏子 ×4(扉)


0帯でのアタッカーとしてワルプルまどか、0及び1帯の戦線維持としてサポートQB、レベル3メタの銀銃をそれぞれ新たに採用しています。

銀銃は敢えて少なくして、状況にあわせ回収かサーチで引っ張ってくる形で。幸い手段は多いです。

「もう一人じゃない マミ」はシナジーを使う機会が無いのと、パジャママミ、好戦的杏子で大抵のLv1キャラは狩ることが出来るので取っ払ってます。


最後に使用した感想として、コスト繰りが非常に難しいデッキです。
加えてキャラのパワーが高いわけではなく、相手ターンは非常に脆いのがこのデッキの特徴です。

アンコールビートや、レベル3早だしデッキに対してはメタを張る事が出来るのでこれらのデッキに対しては優位に立ち回れるのかなと。

質問に有りました勝率についてですが、勝率には余り拘って居ないので、定かではないですが5割6割程度は行っていたような気がします。


粗い文章で大変申し訳ありません。実を言うと、最近Fateばっかり回していてマミデッキはご無沙汰してましたが、いい機会ですので今度の大会で使ってやろうと思います。
スポンサーサイト
管理人様更新お疲れ様です。

早速コメント反映して頂いて本当に感謝です!
そしてとても参考になりました!
レシピまで書いて頂いてありがとうございます><

なるほど…デッキコンセプトもしっかりされていて
これは使ってみたいですね。
ただ扱い辛そうですが……そこがいいw
自分もヴァンガやっていて
なるかみダンガリー軸という
弱小もとい扱い辛いデッキは大好物なものでw
それでガチデッキに勝てた時の嬉しさといったら…
とすいません脱線してしまいました。

これからもブログ拝見しに来ますねヽ( ´¬`)ノ
更新楽しみにしています♪
[ 2012/10/16 23:23 ] [ 編集 ]
>たーさん

コメント有難う御座います。
確かに、マミさんは扱いがちょっと難しいですね。杏子が便利すぎて、マミさんがただの回復カードになってしまうこともしばしば・・・。それこそ青赤でやれよ!となってしまうので、その辺が難しいですね。

ダンガリーはかなり扱いづらいデッキですね;しかし、PRカードのヴァスキとの相性は良いと思いますので、今後次第では・・・。
自分もガチデッキがエンフェに移行しつつあります。

メインに食い込むには一工夫必要なデッキって面白いですよね。
トリガー構成とかも意表が衝けるように敢えてバランスにしてあります。

もっと面白い記事が書けるようにがんばりますので、今後とも宜しくお願いします!
[ 2012/10/16 23:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

犬神

Author:犬神
使用デッキ
WS:ラブライブ!
ラブライブ!サンシャイン

VG:グランブルー
ペイルムーン
グレートネイチャー
ダークイレギュラーズ

艦これ、始めました。

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。