ウィクロス、WSメインにまったりとTCG。 アニメよりもドラマ好き。実写化、てめーはダメだ。  コメント等お待ちしております!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【BF】とりあえず今後の指標とか 

無事ファイト出来るレベルのデッキを2つほど組み上げましたので、今後の指標でも決めておくと面白いかなぁ。と言う気まぐれです。

メタデッキの代表格ともいえる「カタナW」と、特殊な運用法をするサイズ3特化デッキの「エンシェントW」。どちらも今まで使っていた「ドラゴンW」とは当然ながら、全く違う動きをします。

とりあえずのBF復帰デッキ、と言うことでカタナWを選んでみましたが、理由はそんな複雑なものじゃなく、単にキャラクター性で選んでましたね。エンシェントWは組む気は最初全くありませんでしたし、こっちもあの強烈なキャラクター性にごり押しされた感じが半端ないです。キャラゲーですから仕方ないといえば仕方ない。


結果、「やりたい事を何が何でもやる、勝ち筋なんて1つあれば十分なデッキ」である「エンシェントW」と、「相手の勝ち筋をとにかく潰して消耗させて勝つ」という「カタナW」の両極端なデッキを組むに至りましたので、適当ながら面白いチョイスだなぁ・・・と自分でも思います。

ドラゴンWのTD改のようなデッキしか使っていなかったので、初心者同然ですが、この明らかに初心者に向かないであろうデッキをどう使っていくかが肝になりそうですね。

以下、2つのデッキの使用感とか。



・エンシェントW

一言で言えば「究極にシンプルなデッキ」。

ゲージを溜めてデュエルズィーガーを出して、進化させてただただ殴り続ける「だけ」のデッキとも言えます。
今まで使っていた「相手を4点にして、パニッシャーでエンド」を目指していたドラゴンWよりもシンプル。

故に、1つしか勝ち筋が存在せず、一回覆されると中々リペアが利かない。というピーキーなデッキです。

基本デッキ構築は「デュエルズィーガー」系列、「魔法として使えるモンスター」系列、そして「ドロー系魔法」を採用するという本当にシンプルなもの。

プレイングも「とりあえずズィーガーを引く」。そして「ゲージを溜めて次のズィーガーを引く」事のみ。

至って雛形はシンプルであると言えます。しかし、このデッキの本質は「メタ返し」にあるのかもしれないですね。

要するに、言ってしまえば「相手に対策させるデッキ」なわけですね。初見殺しデッキとも言います。明確な対処カードを積んでいなければ、事故を期待する以外勝つ方法が無いようなデッキと言うこと。

つまり、このタイプのデッキはシンプルに見えるけど実は・・・「テンペストエンフォーサーを破壊されたら?」「ゲージコストが足りないときは?」「そもそも、どうしても引けなかったときは?」等、多岐にわたる負け筋を有していると言えます。

現に、デュエルズィーガーって構築に意識すると、案外メタカードが随所に配られていたりするんですよね。「ジャックナイフ」に弱いとか。特に、「不死身の竜神」にメタ色の強いカードがかなり配られていますね。

カタナWの「半殺し」やドラゴンWの「ドラゴニック・ダッシュ」、「ドラゴスピード」等は、センターを徹底的にサイズ3で守る「エンシェントW」の弱点カードと言っていいでしょう。
マジックWにしたって、「テンペストエンフォーサー」まで粘られても「クイックサモン」からの「アスモダイ」で簡単に突破されてしまいますね。
デンジャーは・・・よく分からない!

勿論、これらの対策となるカードもある。デモニカとか、逆鱗とか。でも、これらをフル投入してしまうと、今度は安定性が下がってしまったりする。

「やりたいことをやる為のカード」と「やりたいことを邪魔させないカード」のバランスが凄く大事なデッキですよね。



・カタナW

個人的に凄く難しいと思うワールド。勝ち筋と言う勝ち筋が無いように見えるから。勿論、ガチ素人の目線ですし、「いやいや、勝ち筋十分なほどあるから!」って思う人も居る事でしょう。

何て言うのかな・・・。簡単な話、モンスターの数値が貧弱すぎて、とてもじゃないけどビートダウン戦法が出来ないんですよね。センターを空けるまでが大変だったり、ろくに相手のモンスターも処理できないし・・・。

それもそのはずで、カタナWの基本は「絶命陣」(今まで絶命"刃"だと思ってた)や「奈落送り」で相手を嵌めていく、もしくは行動を制限させて行く戦い方なんですよね。

だから敢えて、モンスターは「弱く」設定されているのです。

今の構築はろくすっぽ寝ていない状態で作った適当デッキなので、「モンスター少なめ」「魔法多め」の構築になってます。
モンスターは弱いから余り入れない、魔法が必要だから多く入れる。という浅ましい考えです。

しかし、蓋を開けてみたらどうだろう・・・。モンスター引けなくてジリ貧だったり、色々やりすぎて絶命陣が打てなかったり・・・。

色々封じられるからこそ、何でも積み込みすぎて八方塞になる。と言う典型的なパターンに落ちそうです。本編でもそんな事言ってましたね。

メタデッキの大事なところって、要は「切捨て」なのかなぁ・・・って感じました。何でもかんでもは無理でも、これだけなら!という選択をすること。とてもじゃないが今の構築スタイルだと、ズィーガーメタの「半殺し」なんて到底入る余地なんてないし、俺の作ったエンシェントを友達に使ってもらって何回か対戦したけど、やっぱり勝てません。

逆に、メタを最小限にして、攻防一体である「月影」をメインに、エナジー系魔法で強化したり、月白斬りで相打ちにしたりする攻撃的な忍者デッキも面白そうです。

何でも出来るは何にも出来ない。そんな言葉がぴったりと当てはまるのがカタナWだなぁ・・・という感想。

もっと上手く使いたいですね。そのためにはまず、秘剣の効果を把握するか!

実はこの間、「死狂い」のアタックを牽制する為にどや顔で「ドロップゾーン」の「月牙」を仕込んでいたというアホプレイングをしまして。武器をメタれるのは「流星」ですし、そもそも武器でのセンターアタックには使えないので、死狂いメタですらなかった。

やっぱり、ドラゴナックルピンポイントなのか・・・?




さて、2つのデッキを使ってみましたが、エンシェントWは簡単そうで実は難しく、カタナWはやっぱり難しかった!

バディ自体、デッキ構築の難易度が高めですからね。本当に。

子供向け!と切り捨てるには余りにも惜しい、このピーキーさ。

運要素も「カードを引く行為」が殆どという徹底振り。ヴァンガードやヴァイスは運だけでも勝てる可能性があるけど、バディは運だけじゃ絶対に勝てない。

浅瀬に見えて実は深い。そしてどこまでも潜ることができる。というのはこの事か。


指標とは一体なんだったんだ?って話ですが、とりあえずはメタゲームに慣れる事ですね。

今まであんまり意識してなかったし・・・。


次に作るデッキは一応、マジックWの予定です。意外とパーツ揃ってたので、少ない出費で作れそうなんです。

後は、この前ルールを教えるのに買った「ジャックナイフデッキ」をレア以下のみで並以上のデッキを作る!とか予定してます。青盾とか、ムダに高いレアは入れません!売っちゃったんです!(アホ


ひとまず、エンシェントとカタナは現在、反り矯正中なので、ジャックナイフデッキを弄ろうかと。

レア以下のみしか使わない!ってルール縛りするとムダに燃えるのはなぜだ!


VG、暫く離れるので当分はBFです!ブログ記事も恐らくBFメインになります。


VGはもう、面白い記事を書けそうにありません。皆さんを不快にさせるだけですからね。
スポンサーサイト
[ 2014/06/16 22:49 ] バディファイト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

犬神

Author:犬神
使用デッキ
WS:ラブライブ!
ラブライブ!サンシャイン

VG:グランブルー
ペイルムーン
グレートネイチャー
ダークイレギュラーズ

艦これ、始めました。

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。