ウィクロス、WSメインにまったりとTCG。 アニメよりもドラマ好き。実写化、てめーはダメだ。  コメント等お待ちしております!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

遊びつくせ、3連休。 

見た目は3連休。でも来週土曜日振り替えで出勤。

仕事、忙しい。休み、取れない。


ブルーな気持ちを吹っ飛ばせ!の如く遊び尽くした3日間でした。




【1日目:届かぬ荷物】

前々日に出たWIXOSSの新弾のパーツを購入した為、「サシェ」 「タマ」 「ユヅキ」のデッキをメインに改築。
しかし、中々届かずに焦る。いつもならインターホンを押せばぎゃんぎゃん喚く犬っころが今日は何故か静かだった為、インターホンに気づかず、不在票を入れられていたのだ。
無事、4時過ぎに届き、カードショップでデッキ構築に励む。

タマ、ユヅキは微調整レベルの変更でしたが、サシェは方向性自体変えなければならないので、調整がかなり大変でした。


友達の「ミュウ」デッキと2回ほど戦いましたが勝てず。むむ、新顔の癖に強過ぎるぞ。主な原因は、レゾナ3積みという無茶な構成だったのと、レゾナンスマーチが中々打てなかった。という物でした。サタン軸はかなり攻め攻めなタイプなので、アーツ2枚でも何とか押し切れるか・・・?と思ったのですが、ウラヌス軸は盤面に干渉する方法が少ないのでどうしても長期戦になります。レゾナンスマーチとの相性も微妙なところですし・・・。このレゾマに対する疑問点が後々に響いてきたわけですが、それはまた別の記事に。

タマはタイマーボムとかいうオモチャを手に入れたので早速試す事に。お陰でクロス特化という明確な方向性が定まったのでデッキ構築、プレイングなども明確になってきました。今まであまり手をつけなかった理由は「どうすりゃいいかわからん」ってのが大きかったので・・・。
マユまで乗る都合上、Lv4は紅蓮か赤タマかの二択なのですが、イマイチ白エナの確保が難しい。理由は簡単で、Lv3をスペルサーチできる白タマにしている為なんですが・・・。赤タマ特化にするか、スペルサーチを捨てて白エナを確保しやすくして、紅蓮に乗れるようにするか、どちらにするかが課題のようです。
赤エナが無駄にたまっていくので、赤アーツの採用も視野に入れるべきでしょうか。方向性は定まりつつある物の、課題は山積みのようです。

ユヅキは今回で明確な強化は得られませんでしたが、「アンモライト」を入れてみたり、再三再四を入れてみるとか色々試してみました。結局はワンショットデッキなので防御は考えない方が良いんですけどね・・・。
序盤低レベルシグニしか引けず、Lv3イオナの効果で全部吹っ飛ばされ負けました。構築以前の問題だなコリャ。



【2日目:遠征】

遠征っていうと聞こえはカッコいいですけど、征する事なんて無理でしょうから、平たく言ってしまえばプロモ集めですかね。
交通費考えると割に合わないわけですが、こっちだとそう大会もありませんので、ただ単に色んな人と遊ぶ。というのが一番の目的。色んな人と対戦してめざせ!脱エアプレイヤー。

やってきたのはとあるお店。以前に探していたショップだったんですが、移転に移転を重ね、どこにあるのか結局分からず仕舞いだったお店です。ウィクロス公式サイトに書いてある住所をナビに打ち込んでみましたが、案外すんなりと目的地に到着。ビルの3Fってことで苦戦が予想されましたが、あっけなく見つかってよかった。

スイスドロー形式のお店なので、負けてしまっても長く楽しめるのが良いですね。逆を言えばなかなか終わらないって事ですけど・・・。

するとどうだろう、定員20名のところ22名も集まってしまったそうで。これは抽選かなぁ・・・?って思いましたが、どうやら22名でスタートできるようで一安心。隣県からはるばるやってきて、WPに出られなかった哀れなセレクターは居ないってことだね!やったぜ!
っていうのも、こんな無茶が通る理由は、タカラトミー側が余ったPRパックの処理はお店に全て任せているからなんですよね。ブシロード関係のTCGは参加者名簿と余ったPRカードを毎月提出するよう求めているそうですが、タカラトミーはこういう方針だからこそ、余ったPRカードを取っておいて、定員オーバーしたときに備える!と、ある程度融通が利くわけですね。

一見ブシロがケチクソの酷い企業に見えますが、(実際そうだけど・・・)これは店側のPRカード不正転売を防止する為の方針だったりします。どっちが良いかはよく分かりませんが、転売するにしろ、多めに配布するにしろ、プレイヤーの手に届きやすいのは確実にタカラトミーのやり方のほうですので、プレイヤー側の視点で見ればどっちがありがたいかは明白ですね。

さて、22名と大人数が集まった為、急遽別室での大会開催になったようで、連れて行かれたのは下の階。徐に連れて来られた俺達は息を呑む・・・。案内された部屋は本来天井に有ったであろう室内用クーラーの巨大な穴があり、風もロクに入らないまさに蒸し風呂のような、セレクターの夢と野望が渦巻く・・・まさに、魔境と化していた・・・!!

こんな空調もままならない地獄のような空間に、良い年したおっさんども夢幻おにいさんを目指すセレクターたちがすし詰め状態にされていたのである・・・!!

部屋の一角にある、口を閉じられなくなり、粗大ゴミと化した冷蔵庫が「せいぜいがんばりたまえ、お前ら。」とあざ笑う。

そんな地獄のような遊技場で行われるのは狂気のウィクロスパーティー!試合方式は鬼畜の如きスイスドロー形式!
狂気と熱気に包まれた、体感温度40度はあろうかという小部屋の中で、今・・・、狂祭とも言えるウィクロスパーティーの火蓋が切って落とされたのである・・・!



結果は3勝1敗1引き分けで3位でした。下手したら1勝も出来ないんではないかと思ってましたが、中々良い成績だったのでよかったです。3回勝てた物の、余裕で勝てた試合は1つもなく、負けてもなんら不思議ではない試合でしたのでかなり気疲れしました。

最後に当たったユヅキ使いの方が・・・何と言うか凄い人で。態度が悪いとかそういう次元じゃなく、いきなり奇声を上げたり俺のスタートルリグを見るなり、「またサシェかよ!まぁいいわ・・・サシェには勝てるだろ」というような一言を言い放つ始末。
普段なら「何だこの人・・・」と不機嫌になるところですが、幸い疲れも有って「もうどうでもいいから、勝敗とかどうでもいいから早くこんなめんどくさい人との試合を終わらせたい・・・」という心境の方が強かった。

ユヅキの時点で四面楚火からのワンショット型だろうなってのはオープンした時から分かってましたので、不運にも先攻を取ってしまった俺の運の無さに泣く。ユヅキなので、「勝敗に関わらず早く試合を終わらせたい」という願いが叶いそうなのは不幸中の幸いか。

相手が花鳥風月ユヅキになったタイミングで、ここぞとばかりにアーツを全解放してワンキルを狙ってきました。一応コチラも、効果でどかすことの出来ない「ウラヌス」と、手札2枚でバニッシュを無効に出来る「フォウト」を立てて、ワンキルに備えてはいましたがアサシン付与の「炎固一徹」、シグニの能力を消す「レス・ホープ」という相手の殺意にあふれたアーツ構成によりコチラの布陣は見事に崩れ去る。試合中の態度とかはともかく、この尖った構築は素直に敬意を表すると共に、コチラの最後の希望はLBだけとなった。

万策尽きて万事休す・・・!

ダブルクラッシュとユヅキの効果で4枚もあったLCがバリバリ捲れる・・・。LBで現状を打破できるカードは捲れず、相手の2回目のシグニアタックにより、ついに最後の1枚が捲れる・・・!もうダメか・・・と息を呑んだ次の瞬間・・・!

その目に飛び込んできたのは「ミルキウェイ」!!!LB効果は、相手のルリグをダウンするか、デッキから「宇宙」のシグニを探し手札に加えるか、場に出す、というもの。つまり、現状を打破できるカードの1枚!

まさに、その名の如く絶望の銀河に架かる一筋の天の川・・・!

この奇跡の大逆転により、相手の最後のアタックを防ぎ、相手方の「降参」宣言で勝ちを得たのであった。
「12000以下のシグニをバニッシュできるスヴァローグを回収してこなかった俺のプレミだ」的な事をいわれましたが、流石に俺もバカじゃありませんので、その場合はミルキウェイで適当なシグニを出すのではなく、バニッシュ耐性のある「フォウト」を呼んできてました。手札には宇宙シグニ2枚居ましたからね。

アサシン付与したシグニで最後に殴っていれば勝てていた、とも言われましたが、その場合は出現時効果で相手をバウンスできるミルキウェイを呼んでくればOKでしたんで、結局のところLBでミルキウェイが捲れた時点でコチラの勝ちでしたかね。

良く考えるとサシェのLBってかなり強いんだなぁ・・・。アーツ枚数が少なくなる弱点をLBで補ってる感じなんですね。


とまぁ、なんやかんや運ゲーでしたが一矢報えたので良しとしましょう。態度が悪くなる、というのもゲームを純粋に楽しんでいる事の裏返しとも言えますので、一概に悪いとは言わないですが、やっぱり嫌です。どうせなら楽しく遊びたいです。
でも、ちょっぴりスカッとした試合でした。

他にもアン、ミュウ、2止めピルルク、アルテマイオナと色々な方と当たりましたが、皆気さくで良い方ばっかりでした。最後の人がちょっと気になったくらいかな・・・。

やはり、都会の大会と言うことも有って規模もこっちより大きくて、1戦1戦が貴重な体験でした。
気が付けば3位と自分でもびっくりするくらいの成績でしたので、とても楽しかった。

同じデッキを5回回す、というのもなかなか貴重な体験でしたので、色々と問題点や改善点も見えてきました。もっと勝てるような構築にしたいですね。

3位の副賞として、8弾パックを3つ、PRパックを2つ頂きました。8弾のほうはハズレでしたが、PRパックから欲しかった「スターフェスティバル」が出たので満足。


帰りに皆で焼き鳥屋で打ち上げ兼飲み会をしました。こっちはそれはもうとても楽しかったのですが、周りに他の客が居るのに猥談をでかい声でするのはやめてほしい。本当にやめてください・・・。ビール1杯、梅酒ソーダ2杯、レモンサワー1杯、グレープフルーツサワー1杯、青りんごサワー1杯、カシスオレンジ1杯とかなりの量を飲んだ気がする。ソーダ割りメインで、そこまで度数は高くないんだけどね。飲んだ酒を全て覚える、という謎の才能があることを、つい最近知った。もっとほかにこの記憶力を活かせないものかねぇ・・・。

「つくねの5種盛り合わせで!」と元気いっぱいに注文して、「すみません、もう在庫ないんですよ」といわれたときの絶望感は今まで味わったことの無いものだった。

「でも、無いのはチーズつくねだけなので、他のつくねは用意できますよ」といわれたときの何と言うか、神様に救われた感じは今まで味わったことの無いものだった。

つくねをこよなく愛する男、それが俺なのである。レバーとか通好みの部位よりも。どこの部位だか分からない珍味よりも、普通の鶏肉のももよりも、子供から大人までみんなの人気者、皆に愛されるつくねのような人間に、私はなりたい。



【3日目:宵越しの映画、酔越しの酒】

案の定、二日酔いで午前中はベッドに突っ伏していた。最後に飲んだ、カシスオレンジがとてもあくどい酒だった。あれが無ければこんなことはなかったのだろう。ラストオーダーだよ!といわれ、じゃあとりあえずとカシスオレンジを頼んだ俺を助走付きでぶん殴りたい。枝豆1つで飲む酒ではない。断じて否。そして、頼んでも居ないからあげを最後に持ってきた店員を怒鳴りつけてやりたい。「間違って持ってくるなら持ってくるでもっと早くもってこい!!!」と。どうせ持って来れば頼んで無くても食うんだから。からあげあれば余裕で飲めたのだから。

残った酒気と、残った右側頭部の頭痛、家にスポーツドリンクの類が無いという事実、明日から仕事と言う事実と。
憂鬱になる材料は十分過ぎるほど揃っていた。

ふと思い出す。酔った勢いで「明日俺もバケモノの子を観に行きたいぜ!」と宣言してしまったことを。


余程の事が無い限り映画を見に行くことは無いのだが、気にはなっていた。「大泉洋が主演の映画だよなぁ~」と。大泉洋は確かに出ている。出ているのだが決して主演ではなく、脇役の変なサルであると気づくのは、劇場に入った後であった。

映画館の売店で、チュロス(塩キャラメル味)とアイスカフェラテを購入。しかし、これが間違いだった。
チュロスが思いのほかしょっぱく、タダでさえ同じ値段のコーラよりも少ないカフェラテがどんどん飲み込まれてゆく。
映画の中盤にもかかわらず、飲み物がなくなってしまった。

クーラーの利きが悪い映画館で、まさに喉の渇きとの勝負だった。

しかし、名作の前ではそんな事態は些細なことであると気づく。面白い、本当に面白い映画だった。
詳しいことはネタバレになってしまうので、割愛。そのため小学生並みの感想になってしまうことをお詫び申し上げる。

あらゆる先入観を捨て、「映画」という一つの作品としてみるならば、前回見た「ラブライブ!」よりもはるかに面白かった。
ラブライブという作品に対し、こだわりも思い入れも薄かった時期に見たからこそ、「映画としての面白さ」に何か物足りなさがあることを感じたが、「バケモノの子」に対してはそんなものは感じなかった。


大衆向けに作られたアニメと、マニア向けに作られたアニメの違いなのだろうか。

個人的に良い作品か、そうでないかの違いは「涙腺が熱くなるかどうか」だと思っている。
バケモノの子は2回ほど涙腺が熱くなった。

一方、ラブライブは残念ながら1回も涙腺に来ることは無かった・・・。アニメ2期を見ていればまた違ったのだろうか。

熱い映画館で、ハンカチで汗を拭く振りをして、目ににじんだ涙を拭き取るのだった。


もう少し映画を観に行く機会を設けても良いのかもしれない。
スポンサーサイト
[ 2015/07/20 21:35 ] 日記みたいなの | TB(0) | CM(2)
見事に遊び尽くしてますね。
3日目の二日酔いがなければ完璧でしたね( ̄▽ ̄;)
お酒は飲まないので二日酔いの苦しさ?を知らないです。

カードゲームをしたり映画鑑賞をしたりとかなり充実してますね♪

そういえば、3連休だったんですね!!って改めて思いました(笑)
[ 2015/07/21 18:36 ] [ 編集 ]
>ナリさん
本当に笑えてきますよね・・・。最後のカシオレがきつかったっすねー。

思えば充実している3日間でした。お財布の方はおかげさまで大分薄くなってしまいましたけどね。
[ 2015/07/24 21:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

犬神

Author:犬神
使用デッキ
WS:ラブライブ!
ラブライブ!サンシャイン

VG:グランブルー
ペイルムーン
グレートネイチャー
ダークイレギュラーズ

艦これ、始めました。

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。