ウィクロス、WSメインにまったりとTCG。 アニメよりもドラマ好き。実写化、てめーはダメだ。  コメント等お待ちしております!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

各アーツの使い道と追加投資。 

とりあえず、ヨグソトスを2枚、シュブニグラを1枚、「コードアートIZRH」が280円と安かったので4枚購入。

6000円くらいになってしまった。

シュブニグラは4枚揃っていたのですが、タウィルに2枚くらい差したいカードでもあるので5枚はもっておきたかったため。

意外と「グレイブ・アウェイク」と「アール・バウンダリー」が高かったのがびっくり。
アウェイクはミュウに入るし、アールはタウィルに入るからまあ納得といえば納得。

これからの環境次第では高くなりそうなのは「森羅万象」かな。今回のSR枠は15000以上になるカードが多いので、今後もこういった高パワーカードが増えてくればワンチャンあります。



取り合えず、これだけで終わるのも何かなぁと思うので各アーツの考察でも軽く。

メインフェイズだと軽めですが、アタックフェイズだと重くなるのが今回のアーツの特徴ですね。


【アール・バウンダリー】
白2 メインフェイズ アタックフェイズ
対戦相手のターンの間、このカードを使用するためのコストは白3になる。
対戦相手のシグニ1体を手札に戻す。

タマ限定の「モダン・バウンダリー」と違い限定条件が無い、不発が無い変わりにエナ縛りがきつくなりました。
防御に使う場合は更にエナがきつくなる仕様です。
タマにはまあ入らないでしょう。サシェ、タウィル等に入るかな。
サシェは特に、エナが増えやすく除去手段が乏しい「悠久サシェ」で活躍しそうですね。

合計コスト4で撃てる「ゼノ・マルチプル」が比較対象ですが、純粋な白デッキならこちらの方が使いやすいですね。あちらは最低でもマルチエナが2枚必要ですから。しかし、タウィルの場合は余ったエナを手札に変換するという用途もあるので、一概にどちらがとは言えないかも知れません。撃てなそうなら「ラビエル」のコストにも出来ますし。

逆に、青がメインとなるリメンバでは「ゼノ・マルチプル」が優先されるでしょう。

「ノー・ゲイン」を使ったルリグを止める事が出来る数少ないカードでしたが、禁止になった今、他のルリグを止めるアーツと余り変わらなくなりました。

※「バロック・ディフェンス」等はルリグに「アタックできない」を与える為、ノー・ゲインで無効になるが、「ゼノ・マルチプル」はルリグが「アタックできない」というルール効果を付与する為、ノー・ゲインで無効になりませんでした。

セレクターなら知ってて当然だろ!という突っ込みは受け付けない。

【疾風怒蕩(シップウドトウ)】
赤3 メインフェイズ アタックフェイズ
対戦相手のターンの間、このカードを使用するためのコストは赤4になる。
対戦相手のパワー10000以下のシグニを2体バニッシュする。(1体のシグニだけに使用する事はできない)

良いのかな、このイラスト。鎖で縛られたおっぱいのでかいおねえさんが三角木馬で遊んでるんですが。

ララ・ルーと言うのか。

組むか。

赤のバニッシュ効果は査定が重いですが、このカードも例外ではないですね。
しかも2体以上いないと使えないという。縛りとエナがきついかな・・・。

4コスで2面守れるのって貴重ですけどね。こういうカードって普通なら速攻デッキに強いんでしょうが、WIXOSSの速攻デッキと言えばアーツを使わせてくれないものが殆どです。2止めピルルクとか、爾改とか・・・。

今回当たりませんでしたが、森羅万象じゃなくてこっちが2枚当たってたら結構ショックだったかな・・・。どっちもどっちだけど。

まともに戦うタイプの花代さんや、赤タマには入るかも。期待を込めてララ・ルーもあげとく。


【スリリング・ドロー】
青1 無2 メインフェイズ アタックフェイズ
対戦相手のターンの間、このカードを使用するためのコストは青3になる。
カードを3枚引く。

単純に3枚引くというカード。特徴はエナの総量が変わらないって事ですかね。メインで撃つだけなら他色でもいけそうですが、相手のターンとなると青以外じゃ絶望的です。

ハンデス等に対して、これで持ち直せることも出来る面白いカードですが地味過ぎるかな・・・。カードを引くという行為自体、直接防御には繋がりませんので難しいところです。アークオーラやアークディストラクトをワンチャン防げるかもしれないカードですが。

溜まり過ぎたエナを手札に変換する。という使い方がスマートかもしれません。エナが余るタウィルとか良いかもしれません。エナの天使をトラッシュ送りにしつつ、確保が難しい鯖を引きこめますから。

ピルルクEと組み合わせると面白いですが、クリスタルシールないとグロウ事故しそう。


【森羅万象(オールオアナッシング)】
緑1 メインフェイズ アタックフェイズ
対戦相手のターンの間、このカードを使用するためのコストは緑3になる。
対戦相手のパワー15000以上のシグニを全てバニッシュする。

緑1で最大3面開けられるという一見するとコスパがやばいカード。
しかし、緑の時点で「雲散霧消」を警戒されますので、15000以上はおろか、10000以上ですら殴りに行くのに躊躇するレベルです。律儀に15000以上のシグニを並べて殴りにくるとは考えにくいので、真価はやっぱりメインフェイズでの使用ですかね。

アンを使っていると、ライフが3以上の時に相手の「アラクネ・パイダ」や「コードアート志村CMR」がどうしても邪魔で、もったいないと思いつつも雲散霧消を撃ってしまうタイミングが結構有りました。アンは盤面を開け難いので余計ですね。
コチラは同じコストで尚且つ2枚以上対象に取れるので悪くないかも。

ミュウに先攻を取られて、アラクネ2面とかやられたり、先攻ピルルクにCMR出されて嫌な気持ちになるのをこれ1枚で何とかしてくれるので、総じて後攻向けのアーツといえるでしょう。後攻取った時のことも考えるなら、採用の余地アリですね。

描かれているルリグは「アイヤイ」という新ルリグ。なんでも「遊具」というカテゴリーに関係あるとか。
オモチャといえばタカラトミーですし、ベイブレードとかとのコラボあるかも!
セレクターの人にはストライクな世代が多いんじゃないかな?かな?上半分ドラグーンストームで、下半分がドラシェルとかやったよね!?ガイアドラグーンの回る羽根の意味の無さとか。分かる人には分かるだろうなぁ~。


【グレイブ・アウェイク】
黒1無1 メインフェイズ アタックフェイズ
対戦相手のターンの間、このカードを使用するためのコストは黒3になる。
あなたのトラッシュからシグニ1体を場に出す。

これ系のカードはどうしても「アンシエント・サプライズ」や「デッドスプラッシュ」と比べられますね。
対してこのカードの特徴は、メインで使う場合は2コストと非常に軽いことと、蘇生するシグニのクラス、色関係なく何でも出せる所ですね。

対戦相手が白の時の「デッスプ」には敵いませんが、黒3で好きなシグニを出せるという点ではアンサプより便利かもしれませんね。

特にミュウだと真価を発揮しそう。デッスプ→クロハのコンボは相手が白なら超強力ですが、白以外だと5コスで2面守りと余り割に合っていませんでした。「グレイブ・アウェイク」なら4コストで同じ動きが出来るんですね。
タマユが多い環境なら、デッスプ一強ですが、そうでもないなら汎用性の高さが活きて来ますね。

サシェ使ってると、ウラヌスの効果を忘れた対戦相手の「おっ!相手白だから1コスで使えるじゃーん!デッスプ使いますね!」と意気揚々とした宣言に対し、「いいですよ^^ただし、あなたのトラッシュに"黒"のシグニがあればいいのですが・・・^^」とニッコリ笑顔で対応し、「巻き戻しますか?^^」と寛大な心で巻き戻すまでワンセットです。

相手が白だからってデッスプ一強とは限らない。

アウェイク→フィア・ヴィックスのコンボで爾改をほぼ完全に止める事が出来ますね!

4になるまで生きていれば!!!!


明日には追加パーツが届いているはずなので、色々と試したいところ。

この前のも含めて、3パターンのかよちんデッキを脳内で開発したので、とてもじゃないけど安定してまわせないようなクソピーキーなデッキを、調整と言う名目で友達に使わせてやろうと、そういう魂胆ですよ。

ムンスト サンスト ダブクラマラカイト とかいうキチガイ盤面を作るデッキとか面白いよね。
カクセンとかアンモラいっぱい入るけどな!!!

・・・グレイブメイカー積むデッキってどうなんだろうか。
スポンサーサイト
[ 2015/09/17 21:30 ] WIXOSS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

犬神

Author:犬神
使用デッキ
WS:ラブライブ!
ラブライブ!サンシャイン

VG:グランブルー
ペイルムーン
グレートネイチャー
ダークイレギュラーズ

艦これ、始めました。

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。