ウィクロス、WSメインにまったりとTCG。 アニメよりもドラマ好き。実写化、てめーはダメだ。  コメント等お待ちしております!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【WIXOSS】激闘、トリオ大会。 

来るべき決戦の時に備え、厳しい修行に身を投じてきた犬神。(主にDM大会明けのカードショップに「バトルですしー!!」と厄介になる)

厳しい修行の最中(さなか)、犬神は遠きあの日に忘れたであろう懐かしい感覚を取り戻す。
日本人男性のほぼ9割が、十と四の年の頃に堕ちると言われる闇。脳内に特殊なチャクラが噴出すようなあの感覚。
全ての事象がスローモーションとなったかのように見え、次に起こり得る現象を察知し先読みし、あたかも特殊な眼を手に入れたかのような感覚・・・。

そう、「写輪眼」である。

多くの場合は時が経つにつれこの感覚は薄れ、やがて消え去る・・・が、ごく稀に成人となった後も引き続き同じ現象を発生し続ける者が居る。

そして、その者には内なる自分が2人居る。1人は「写輪眼」を開眼し、特殊な"力"を得た自分。

そして・・・もう一人は・・・

「いつまでこんな事をしているんだ・・・"いい大人にもなって…"」と、自分自身を嘆いている自分である。

"力"を肯定する自分が、"力"を否定する自分に打ち勝った時・・・

新たな「瞳術」が宿ると言われる。

名を・・・「万華鏡写輪眼」。


あらゆるしがらみ、理性、立場から開放され、あの頃のように自分の思い描くままに行動できるようになった大人は、誰にも止める事が出来ない。

「万華鏡」を開眼した犬神は、熾烈を極める戦禍へと、その身を投じることとなる・・・。


※2回天照撃ったら失明しました。(両目)


中二全開の前置きには意味がある。

そう、寿司屋のガリのような明確な意味があるのである。(ガリにしょうゆをつけて、ネタに塗って食べるんだとさ)


DSC_0050.jpg

生えてくることりにピントが合ってしまってますが、トリオ大会優勝してきました。

念願のバレンタインタウィルを手に入れたので、おかしなテンションになっています。

脇、おへそ、ふともも。そして慎ましやかな胸!ああ、素晴らしいですな・・・。


6組しかいない大会でしたし、そんなに規模が大きくなかった為、競争率もそこそこだったんですが、だからこそねらい目と言うことですね。

今日ばかりは地元のコミュニティの狭さに感謝せざるを得ない。開催日、時間が全店舗一緒なので梯子や遠征組みが出てこないのはナイスな試みですね。地方は地方らしくひっそりのんびり楽しめればいいんや・・・。


合計3回戦まで有りましたが、どうにか全勝を収めることが出来ました。いやぁよかったよかった。

ミルルンなし、爾改1人だけっていう地方らしさというか、地方ならではのよさですかね。都会は害悪ばっかりなんやろなぁ・・・。

使用デッキはウトゥルスです。前日作って調整もままならない状態でしたが、アンサプとエクシードでマユに対して少しは強そうだ。と思ったのと、マユ警戒でアンサプを採用しているデッキが内の環境では多いので、壁出し系アーツに強いのも理由でした。
防御系LBを10枚ほど積んでいるので、ある程度クソゲーにも対応できそうだ。というのも理由です。

一番は使いたかった、それだけですけどね。
鯖の確保に難ありだったので、ピンチディフェンスを大会前に急遽入れてみました。前に水戸のショップ大会で計らずも3位を勝ち取った時も、直前の閃きでバロックディフェンスを採用していたので、こういう直感に頼るのも悪くないかも。

ピンチの一番の利点はエナに行ったシュブを落とすことが出来る点なんですけどね。スピサル?もってないです。


1回戦目の相手が、ゲーム開始時に俺がデッキを渡した時、「きりにくいデッキだな・・・」とか言って来て腹が立ったので殺意全開で相手してやりました。
ただの二重スリーブなんですけどね。しかもわざわざ反りを矯正して、スリーブガードまで新調したんすけど。何がいけないのか?
こういうヤツに限ってしっかりシャッフルしたがるんだよな~。シャッフルに自信が無ければカットにしてくれよ。
アーツ使用の宣言とか、紅蓮タマでアーツ回収する時の宣言とかもロクに行わない酷いプレイヤーでした。

バトル前に3エナ支払いながら「バトル入ります、何かありますか?」と聞かれて、「3エナなんで払ったんですか?」と聞いたらディストラクト見せてきました。そもそも紅蓮タマでディストラクトとは、と驚きますが、アーツ宣言くらいしろよ。アーツ使用に対してこっちは何にも出来ないけど、宣言する義務があるだろ。しかもよりによって「ディストラクト」。徐に払ったエナに対して、俺が言及せず「なんもないです」って言った瞬間殺す気だったんか。ふてえ野郎だぜ・・・そんな野郎にはなぁ・・・!!!


ピンチディフェンスや!

確認しないと何やったか教えてくれないとか、WIXOSSってコミュ障用のゲームなのか・・・?


4枚ほどLC残して勝ってやりました☆完勝ってヤツですかね。凄く気分がよかったです。

どこのショップでも地雷プレイヤーと言うのは居るものですがね、どうせなら気分良くバトルしたいですよ。



2回戦目はイオナで、正直マユに乗られていたらかなりやばかったですが、アルテマイオナに乗ってきました。確かに、俺のライフ0でクロス完成してるという状況ならとっさに乗ってしまうよなぁ・・・。

色々と処理してから、相手が鯖持ってなかった事に気づいたらしく・・・「あ・・・やっちまった・・・・」と言うような顔をしていました。

途中から完全にアルテマの頭でやっていたので、マユに乗られていたら危なかったですね。ブラスラとピンチで凌ぎ、次のターンでシグニ、ルリグどちらも通って勝ちでした。

プレイミスを誘う、というのは余りしたくありませんが、こういうお膳立てをしていって相手を誘導するというのも有りかもしれません。いや、完全に無意識だったんですけどね・・・。

アルテマ特化で、ラス1がマユではなくダークマターだったら勝ててなかったので、相手に助けられたという感じです。

ここでも役に立ったピンチディフェンス。さすが、水戸まで行ってまで当てたカード。これが無ければWIXOSSやめてたまであるかもな・・・。



3回戦目はピルルクΣ。本日初めての後攻でした。良く考えるとじゃんけん強かったな、今日・・・。

先攻ピルルクなので、もう手札は最初から有って無いようなもんですね。なので、後半ジリ貧になるの覚悟で手札をフルに使ってガンガン攻める。メガトロンでドンドンバニッシュする、ライフを割っていく・・・!そして相手のルリグは鯖が尽きるまで守る!

良い戦術かどうかは知りませんが、ただ一ついえることは・・・「手札が無ければハンデスなんか怖くねぇ!」と言うこと。

後々戦線を復活できる黒だから成り立つ戦法ではありますね。特にウトゥルスはそれ特化っすからな・・・。

主なピルルクの防御アーツ「ドント・エスケープ」ですが、止めるのではなく「ダウンする」なので、次のターンシュブニグラのシグニ耐性のおかげで、ピルルクの主な除去手段が軒並み無効にされてしまうわけですな・・・。ACG→IZRHとか、フリスルとかを止められるのはデカい。

それも結構きつかったようで、意外と余裕を持って勝つことが出来ました。相性だよなぁ、やっぱし。

Σだからディストラクトはないかな~?って思ったら飛んできました。

ピンチディフェンスをたたきつける。


何故か多いディストラクトぶっぱ勢。故に俺はピンチを抜けない・・・。

ピルルク相手にすると、「ディストラクトロックユーとか飛んできたらどうしよう・・・勝てないじゃん・・・」って泣きたくなりますが、「あっ、一緒に使えないじゃん!」って2分くらい後に気づきます。

カツレツロックユーもエクシード5で対応できるので、悪くないかもしれませんな。5リメンバとか相手にすると楽そう。

・・・もう一人のウトゥルス使いの人が「リメンバ絶対殺すデッキ」とか言ってましたがそういうことか。

先攻取られたらどうするのよ。ねえ。



感想としては、優勝は出来たけどちょっとモヤモヤ。
一番は対イオナですかね。アンサプ-8000してくるとか、誰だって分かるのに並べられたはずのレベル4シグニを2面並べない辺り、慎重さが足りていない証拠ですね。これのおかげで1点余計にライフ割られてました。前のターンに自分も-8000使ったのにね。
そもそも、ここのアンサプも撃つ必要が有ったのか?チームメンバーの一人が、手札事故と爾改に殺されていたので、それで焦ったのかも・・・。ここで撃ってなければ、マユにだって対抗できたはずなのにね。

イオナにはほとほと良い思い出がありません・・・。


足引っ張るだろうなと思っていたので、全勝できてよかったです。全てはピンチディフェンスのおかげ。

大会前の直感って大事だなとつくづく思う。変える必要がなかったとしても、直前に見つめなおす事も大切ですよね。
なんか先読みっていうか、最近良い読み悪い読み問わず、当たるようになった気がするんだよな・・・。
ピンチディフェンスは普段は多分使わない明確な環境メタカードですが、こういう読みどおりにカチっとハマると気持ちいいものですね。鯖不足をごまかせるので、暫くは使ってみるか。

ウトゥルス、一見地味な性能ですけど、意外とある対応力と、クロスによる勝ち筋の押し付けが良い感じにマッチしてて面白いです。フェムスイッチ型もいましたし、結構色んな面があって面白いですね~。

俺の場合ケルベルンとミリア入るので、ロステクは若干重いんですが、古代兵器寄りで組むとダメージソース増えて良い感じかも。

ゲートは一応入れてみたけど・・・使わないかなぁ。スリーアウトの方がいいかも。鯖引けるし。



大会終了後、別なお店で最近タマで始めた知り合いに「デッキちょっと改造してよ。」といわれ、疲労困憊の状態だったので仕方ないな・・・と思いつつもノリノリで組む。

やあ、遅くなってごめんね。デッキ開発おじさんだよ。
今日は、9弾で新しく追加されたアームのシグニを使って、デッキを改造して行こうね。
アームのシグニは、どれも腕っ節にかなり自身のある娘たちばっかりなんだ。

おじさんはそういうのはからっきしの三級品だよ。

「うげ・・・、マユにモダバンまで揃ってやがる・・・なんやこれ・・・」
週をまたぐごとにガチ化していくルリグデッキを見て戦慄したよ。

また、光るカードが悪さをするのか・・・。

「マユ乗りならロートレ入らんな。おう、ローメイルとトレットになんか思い入れあるかー?」
と、一応確認するよ。どうしても入れたいカードって誰にでもあるよね。
おじさんは極力他人の意見を尊重するタイプなんだ。



謙虚だろ?


「ない」と返って来たので

「わかった、全部抜く。」そう答えたよ。


そうこう有って、まあ無難な感じのアーム型マユが出来たんだ。2以下のアームを20枚入れている、絶対にホワホを外さないがコンセプトのデッキだよ。1が18枚あるので、1って言えばモダバンをまあ外さないのもポイントかな。
結構セオリーどおりのマユだよ。

早速テストプレイさ。

おじさんは、今日がんばってくれたウトゥルス君を使ったよ。



サーバントが中々引けなくて、負けてしまったよ。

もう、ダメみたいだ・・・。ありがとうね、大会でがんばってくれて。

たまにはゆっくり君のペースで、やりたい事たち見つけてごらん。その後がんばるんだよ、全力でね。


数々の猛者を屠り、血反吐を吐きながらも勝ち得たが・・・

私の万華鏡は、既に光を失ったようだ・・・。
スポンサーサイト
[ 2015/09/20 02:12 ] WIXOSS | TB(0) | CM(4)
初めてコメントさせていただきます。
いつもお世話になっております。がくがくです。

万華鏡写輪眼のくだりが最高に面白くて声を出して笑ってしまいました(笑)
僕は天才だったので8歳でもう開眼してました…


とまぁ冗談は置いといて、ピンチが入っているところを見ると、タウィル軸のウトゥルスだと思うのですが、使用感や使っててされたら困ることなど、良かったら教えてもらえないでしょうか?
まだ戦った事が無くて黒点の上位互換位にしか思っていません。よろしくお願いします。
[ 2015/09/20 23:58 ] [ 編集 ]
>gakugaku39392121さん
コメント有難う御座います!
相互リンクもしてくださって感謝の極みです・・・。

8歳で開眼…やはり天才か。

現在使ってるウトゥルスはウムル軸ですね~。ピンチディフェンスの効果は「白1無1 このカードはサーバントとして扱う」と割り切っています…。理由はご覧の通りの環境である事と、エナに置かれたシュブニグラの処理用ですね。環境読みし過ぎかな?と不安になりましたが正解の様でした。良かったです。

ウムル軸と言うことで、主なアーツはアンサプ、ブラスラもしくはアンサプ、アンサプとなるので、壁出しメタをして来る奴ら全般が重いです。

ランサー緑子、ムシュフシュ、クロスシグニ全般、最近のですとニャローブムラクモタマがキツイですね。
-8000で何とか止まる可能性も有りますが、ブラスラ以外では基本止める事が出来ず、ニャローブムラクモに至ってはマユ乗りされるともう詰みまで有りますね・・・。

黒点との大きな違いはこの辺りですね。グロウしやすさと、攻めに転用できるという柔軟性もありますから汎用性はこちらが高めのイメージです。
防御力では黒点が言うまでも無く上ですね・・・。

タウィル軸ですと、序盤動き辛くなる代わりに「ハニエル」「ミカエル」で手札で腐ったヨグソトスを落とすことが出来ますし、アールバウンダリーやピンチ等で前述の奴らに対し多少は防御力が上がるかと。

ウムルの場合は、一応フェムスイッチ型も考えられる(ありなのか・・?)のと、黒の優秀なシグニ「ケルベルン」や「ミリア」を採用できるのが強みと考えてます。

アーツ回収能力を持つマユと比べると見劣りするんですけどね・・・。

天使型のタマユに対してはかなり有利に戦えるはずです。

拙い文章でしたが、参考になれば幸いです。
[ 2015/09/21 00:49 ] [ 編集 ]
凄く参考になりました。ありがとうございます。

ピンチが入っていたようだったので、タウィルと考えるのはいささか早計だったようですね。

猫ムラクモタマユですか。(33)
やってみたい気持ちはあるんですかで、まだちょっと踏み切れていませんね。やはりどうせブラスラ等でやられてしまうのでは?っていう所と、ムラクモのバーストが除去じゃない所でヘッケラコックに逃げてしまいます(;´・ω・)


でも殴りながら面を空けれてフィニッシャーになりますし、エナの色もきれいになりますし、今後ウトゥルスが流行った場合はそっちにしてみます。

色々アドバイスして下さって、ありがとうございました。
ではでは
[ 2015/09/21 16:57 ] [ 編集 ]
>gakugaku39392121さん

参考になったようで幸いです。
ピンチディフェンス狂なもんで・・・恐縮です。

確かに、防御面に難ありなんですよね。ニャローブムラクモ。嵌れば強いの典型ですが、本来メタカードである「アンサプ」を無視して2打点与えてくるのは意外性があって面白いと思います。

タマ=ゲインで詰め切るという固定観念があると非常に厄介な一枚になると個人的には思います。
[ 2015/09/22 01:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

犬神

Author:犬神
使用デッキ
WS:ラブライブ!
ラブライブ!サンシャイン

VG:グランブルー
ペイルムーン
グレートネイチャー
ダークイレギュラーズ

艦これ、始めました。

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。