ウィクロス、WSメインにまったりとTCG。 アニメよりもドラマ好き。実写化、てめーはダメだ。  コメント等お待ちしております!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第2弾 なるかみ考察 

先日のエンジェルフェザーの考察でまず、お詫びが1点。

回転する刃 キリエル と記載していましたが、正しくは回転する剣 でした。
ぐだぐだと書いていたわりに誤字が目立ってましたね。申し訳ない。


さて、今回はなるかみの考察でもしてみようかと。



【なるかみとは?】

6弾にて収録された新クランのひとつで、かげろうと同様相手リアガードの退却等に長けています。
しかし、打って変わってドロー手段に乏しく、スペリオルコールもないので展開力はあまりありません。
インパクトの強い「カイザーヴァーミリオン」を如何に使うか、これが肝となってくるのはほぼ間違いないでしょう。

※デッキ構築の注意点として、ブースターパックにはトリガーが2種類(☆と醒)しか入っておらず、ブースターパックのみの構築は不可能なので、トライアルデッキを買いましょう。ゴールドパラディンも同じです。


【俺のデッキレシピ】

例のごとく当てにならんデッキレシピです。試行回数もエンジェルフェザーの5分の1以下。改良の余地はまだ有りますが、カードプールの都合上一応は完成形です。


【G3】
・ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン ×4
・サンダーブレイク・ドラゴン ×1
・ブレイクスルー・ドラゴン ×2

【G2】
・サンダーストーム・ドラグーン ×3
・魔竜戦鬼 カルラ ×4
・ドラゴニック・デスサイズ ×2
・デザートガンナー・シデン ×2

【G1】
・レッドリバー・ドラグーン ×4
・デザートガンナー ライエン ×3
・光弾爆撃のワイバーン ×2
・希望の雷 ヘレナ ×2
・ワイバーンガード ガルド ×4

【G0】
・スパークキッド・ドラグーン ×1(FV)
・イエロージェム・カーバンクル ×4(☆)
・毒心のジン ×4(☆)
・オールド・ドラゴンメイジ ×4(引)
・魔竜仙女 セイオウボ ×4(治)


「ヴァーミリオン」の存在から、スタンドトリガーとの相性が悪いです。よってクリティカル8枚の王道構成でいってみました。


【ユニット解説】

【G3】

「ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン」

このデッキの主役であり、なるかみの代表的なユニット。
その効果により、発売前から話題になっていたユニットです。
LBでカウンターブラスト3払うことで相手前列ユニットに同時攻撃が可能。という強力なスキルを持ちます。
アタックの処理の都合上、インターセプト封じも兼ねていますのでヴァンガードからの攻撃が望ましいです。

また、後ろに希望の雷 ヘレナを置くことで1度に最大3回手札交換が行えます。覚えておいて損はないはず。

弱点としては他のLB持ちユニットと比べ、打点が低い点でしょうか。
しかし、光弾爆撃のワイバーンを後ろに置くことで比較的容易に21kを出すことが出来る為、このラインを優先的に作りたいところ。

リアガードとしても優秀なのは言わずもがなですね。極めて優秀なユニットですが、効果を使えるのはせいぜい1回で、ヒールやカウンターコスト回収を挟んでも2回が限度ですので、使いどころは見極める必要があります。


「サンダーブレイク・ドラゴン」

V登場時に相手G2以下ユニットを退却させる効果を持ちます。
しかし、効果だけを見るとリアガードで使えるデスサイズのほうが優秀です。

LBで15kになる為、ヴァーミリオンを使い終わった後にライドして、トドメを指すのが理想ですね。
専用ブースターをつければ26kになりますが、そもそも専用ブースターを採用するとRの火力が安定しません。
リアガードでサンダーブレイクを使う場合は21kを出せて便利なのですが、次のターンで狙われやすくなります。
ソウルブラストしなければならないことも相成って、今回は採用しませんでした。


「ブレイクスルー・ドラゴン」

被ブースト時に+2000されるユニットです。
リアガード相手でも20kを作れる為非常に強いです。
6kブーストをつけても一方的に10kインターセプトを潰せるので優秀です。


【G2】

「サンダーストーム・ドラグーン」

10kバニラです。他に入れるものもありませんので採用。今後のカードプール次第ではいなくなりそうです。


「魔竜戦鬼 カルラ」

Vヒット時にカウンターコストを回収する効果を持ちます。
ヴァーミリオンの効果を2回使うことが出来るので相性はかなり良いです。デスサイズとの共存させる為にも使えます。
よってガード強要は高め。優秀なカードです。


「ドラゴニック・デスサイズ」

バーサークドラゴン互換カード。ヴァーミリオンでは焼けない後列を焼けますので、便利です。
しかし、コスト競合が激しいので効果を使えないこともしばしば。


「デザートガンナー・シデン」

登場時に相手リアガード1体のインターセプトを封じる効果を持ちます。
擬似インターセプト封じのヴァーミリオンとは相性はあまりよくありませんが、ヴァーミリオンの効果を使った後に使えば効果的です。


【G1】


「レッドリバー・ドラグーン」

8kバニラユニット。入れない理由もないので入れます。


「デザートガンナー・ライエン」

シデンのG1版ユニット。G1ということもあって、後半は腐ることが多いです。しかし7kブーストと優秀なので採用しています。


「光弾爆撃のワイバーン」

相手のダメージが3枚以上でV限定10kブースターとなります。
ほぼ確実に効果が発動しますので、非常に優秀です。
前列の打点が高めなので、低めのパワーも気になりません。


「希望の雷 ヘレナ」

手札交換ユニット。展開力に乏しいクランなので、手札の質を高めることは非常に重要です。
入れすぎても打点不足の原因となりますので、2枚くらいがちょうどいいかと


「ワイバーンガード ガルド」

今となっては4積みしない理由がないです。


【G0】


「スパークキッド・ドラグーン」

FV。事故防止の出来る優秀なユニットです。しかし、カウンターコストの競合が激しいのでちょっと厳しくなりがちです。しかし、スペリオルコールできるというのはこのクランにおいて結構嬉しい効果です。
「サイシン」と違い後半腐らない点が評価できます。


「毒心のジン」

☆トリガーの1枚。
アド損となりますが、リアガードで20kで止まってしまう場合が殆どなこのクランにとって、一時的にパワーを上げられるのは優秀です。使いどころが難しいですが・・・。



【実際のプレイング】

ヴァーミリオンは派手な効果を持っており、確かに強力なユニットであることに変わりはないのですが、連発が利きにくい、リアガードで優秀なカードがあまり居ない。等実際はプレイングが難しい部類に入ると思います。

ヴァーミリオンに頼り切ったプレイングだと、あまり勝率を上げられないかもしれません。

また、展開力に優れたクランだと効果もそれほどプレッシャーがありません。(決して痛くないというわけではないですが。)特にVの強化と盤面の強化を行える「ブロンドエイゼル」とは相性が悪いように思えます。

なので状況に応じて、デスサイズで後列を焼いたり、シデン、ライエンでインターセプトを封じたりすることも大事なのかな。と思います。

また、ガード強要が高めの「カルラ」に敢えてクリティカルトリガー等を乗せず、「受けるならこのユニットしかない」という状態にすることも有効かと思われます。

ヒット時効果を持つアタッカー全てにいえることですが、どうせならアタックを通してアドを稼ぎたいですよね。
そういう場合、敢えて「このユニットが相手に与える被害」を抑えることでアタックを通しやすくする事も大切だと思うのです。


今後、リアガードで活躍するカードが増えればジエンド等のトップメタデッキにも十分対抗しうるカードだと思います。今のままでも十分に強いなるかみですが、今ひとつ痒いところに手が届いていないような感じがしますね。


以上、俺の適当な考察でした。

最後まで付き合ってくださり、有難う御座いました。



次はゴールドパラディンの考察でも。

あ、決して暇つぶしではありません。決して。
スポンサーサイト
[ 2012/05/01 16:36 ] ヴァンガード | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

犬神

Author:犬神
使用デッキ
WS:ラブライブ!
ラブライブ!サンシャイン

VG:グランブルー
ペイルムーン
グレートネイチャー
ダークイレギュラーズ

艦これ、始めました。

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。